-中間検査-

 » -中間検査-
 » -中間検査-

スタッフのつぶやき

-中間検査-

今日は中間検査の立会いに同行しました!(^^)!

躯体検査とは
柱や梁、筋交いや外壁パネル等が図面通りに配置されているか?設計通り金物で補強されているか?
等々を細かくチェックしていく検査です。

この中間検査に合格しなければ、次の工程に進むことができないのでとても大事な検査になります。

現場をまじまじと見ていたら得意のどうして?

が生まれました(笑)

 

金具で固定されている所と固定されていない所がある・・

全部固定しちゃった方が頑丈な家になるんじゃないの?

 

藤田。聞きました。そして調べました。

答えは・・・バランス!!!   でした。

何でも多ければいいという問題じゃないんですね。

図面には、そういう所まで計算されて金具の配置がされています。

この金具の配置のバランスが崩れると耐震性が確保されない等、構造上にデメリットが出るとの事。

 

新入社員:藤田また1つ勉強しました(^^♪

 

N様邸 中間検査無事に終了しました!