憧れ!ログハウスの暮らし(建築編)2

 » 憧れ!ログハウスの暮らし(建築編)2
 » 憧れ!ログハウスの暮らし(建築編)2

憧れ!ログハウスの暮らし(建築編)2

今日は着工前に行う地盤調査を
ご紹介いたします。

まずは、地盤調査って?
ですね(^.^)

地盤調査(じばんちょうさ)とは、
構造物などを立てる際に必要な
地盤の性質の把握などを目的として、
地盤を調査することである。
この調査により、地盤強度などが
判明し、設計を行い構造物が施工
できるようになる。
(ウィキペディアより)

そして、その調査方法ですね。

一般の住宅において、最も多く
利用されている調査方法で、
スウェーデン式サウンディング
試験があります。


鉄の棒にドリル状の部品を
取り付け、おもりで荷重を
かけます。
そこーから、スクリューポイント
を回して、地中に貫入させていく
という手順の調査方法です。

おもりの重さや回転させた回数に
よって地盤の強度を調べます。
調査コストもリーズナブルで、
導入しやすいのが特徴です。

しかし、弊社は表面波探査法を
採用して調査しています。

表面波探査は、地震波の一種である
表面波を用いて行う物理探査の一種で、
振動を用いた地盤調査方法。

振動は、硬い物質ほど早く伝わり、
柔らかい物質では遅く伝わるという
性質を利用し地盤の硬軟を明らかに
します。

地面に上下に震動する起振機と二つの
検出器(加速度センサー)を設置し、
検出器間の地盤を伝わる波の速度を
測定し数値化します。

今回の調査結果は、地盤補強は必要としない
ベタ基礎で大丈夫と言う事でした。

(^^)

いよいよ明日は地鎮祭になります。

読み込み中...